6月全体会議|ミニ研修導入にあたって、みんなでプレゼン練習会を実施しました(当然のようにフィードバックあり)

 

皆さんこんにちは。

東京空色へようこそ。

ご訪問ありがとうございます。

今回も、約一間(←HN。「やくいっけん」とお呼びください。)が職員会議についてお届けいたします。

 

月に1回開催している、社員全員が集まる全体会議。

6月は、通常の業務連絡とは別に、ミニ研修のプレゼン練習を行いました。

ミニ研修とは、当社オリジナルの研修で、PAさんはじめ、職員全員が受講する研修です。

当社の規模だと一度に全員を集めて、、みたいなのが無理なので、細かく刻んで研修を実施しようぜと。いうことで誕生したのがミニ研修。

もちろん、この背景には、虐待防止や身体拘束適正化のために研修の実施が義務付けられており、コンプライアンスの観点からも必要性に迫られていたというのがあります。やってたんですが全員に行きわたるところまでは行ききれてなかったんです。。

なんですが、、

それ以上に! 今回のミニ研修では、社内の共通言語づくりを趣旨に実施しようぜと。いうことになっております。

共通言語。

それは、虐待防止や身体拘束適正化のほかにも、感染症対策や支援の考え方などもあります。これを全職員が共通言語としてもてれば現場の底上げにつながるはずで。

ということで、オリジナルテキストを用意し、社員みんながファシリテーターとして共有していく仕組みを導入した次第。

で、

実際に始めるにあたって、事前に練習をしておこうじゃないかと。いうことで実施したのが今回のミニ研修ロープレでございます。

 

▲グループワークで進行。メンバーが自分が練習してみたいページを選び、それをプレゼンする。その後、メンバーの皆さんからフィードバックをもらうという内容。

 

▲ナースの方は、感染症対策を重点的に実施されてました。実際に、手袋の着脱の実演、マスクの着脱の実演など、きめ細かく、実践的に伝えていってました。ステキ!

 

結構楽しそうな雰囲気で、ワイワイガヤガヤ笑顔アリ、真剣な表情アリの充実した時間になりました。

当社のカルチャーとして、、、

無駄にフィードバックが好き♡

というのがあります。もう、なんでもかんでも隙を見つけてはフィードバック。だって、、、フィードバックこそが気付きを生み、成長につながると信じてるので。。そんな会社なんです。

 

ということで、

6月の全体会議の様子をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

ご感想やコメントとかいただけるととてもうれしいです。お待ちしております。

次回の更新をお楽しみに! こんな会社ですが末長くお付き合いをいただければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。