つくば市の生活支援員を募集:空色での生活支援員のお仕事

 

東京空色の生活支援員のお仕事内容をご紹介します。

 

生活支援員とは

当社が支援しているのは、知的障がい、精神障がいをお持ちの方々です。生活支援員のお仕事は、そうした障がいをお持ちの方々の生活面全般の支援を行います。例えば、お話を聴く、相談にのる、通院支援、食事提供、入浴支援など、日常生活に必要な支援を行います。

生活支援員のやりがい

生活支援員の仕事のやりがいは、「ありがとう」と言ってもらえること。利用者様の役に立てたと実感できることです。できることが増えたりしたときに利用者様と一緒に成長を喜べるのが大きなやりがいです。

 

代表メッセージ

私には、家族に障がい者がいます。5歳上の兄で障害者手帳3度の自閉症です。今も入所施設で支援を受けています。幼い頃、兄の障がいにより周りからいじめを受けたことがあり、なぜ私には障害者の家族がいるのだと、親を責めたこともありました。

私が、19歳の時、兄が入所施設に入ることになり、どこか安心した自分がいました。兄が施設に入所する日、私は付き添いで同行したのですが、その時、施設の女性職員があたたかな笑顔で『おかえりなさい』と迎えてくれたことが忘れられません。その時、自分のふがいなさを感じたことを覚えています。その時から、いつか家族のために、この仕事に関わりたいという想いを持ち始めました。

その後、いくつか別の仕事に就きましたが、40歳を目前に、これからの人生をどうすればいいか思い悩んでいたとき、ご縁と機会をいただき東京空色で事業経営を始めることになりました。

ある日、利用者様と買い物に行く道中で『山川さんの事を「お父さん」って呼んでいい?』と言われました。話を聞くとその利用者様には家族がいないこと、今まで色々な施設を転々として、家族がいない事で施設職員からもいじめや虐待を受けてきたことを知りました。「私は家族がいなくて寂しい人生だったし、これからも誰からも愛されない、必要とされない人生を送ると思ってた。でも、この施設に出会えて、職員さんのやさしさに触れて、安心して生活ができる私の居場所ができた。この施設に出会えて良かった。家族がいない私は本当の家族に出会えた。」と言ってもらえたことは今でも忘れません。

私はその時に決めました。

1人でも多くの障がいを持つ方々を支援して、私たちに出会えて良かったと言ってもらえるようにしたい。私たちの支援を通じて、利用者様お一人おひとりを幸せにしていきたい。

そして、それを経営理念として定めました。

『日本に暮らす障がいをお持ちの方々を幸せする』

人間は生まれてくるときは皆平等で、しかし環境や出会う人によって、人生は変わってきます。でも、愛される事、必要とされる事は平等であるべきだと、私は思っています。

だからこそ、私たちと出会うことで、私たちの支援を通じて、愛される、必要とされ、その先に利用者様一人ひとりの幸せを見出していきたいと考えてます。

私たちの事業の入り口は短期入所です。沢山の利用者様と触れる機会があるからこそ、生活習慣づくりや就労環境に力を入れて、自立できる環境を整備していきたいです。利用者様が次のステップに行ったときに、これまでの経験が自信につながる支援をしたいと思っております。

代表 山川宏

 

生活支援員のお仕事

生活支援員ってどんなお仕事なのか?社員さんに話を聞きました。忖度無し!ぶっちゃけトークです。
※写真をタップすると、リンク先の記事に飛びます。

 

生活支援員の1日のスケジュール

☆一日のおおまかな流れ

◎障がいを持ちながらも自分らしく生活できるよう支援し、応援しています。

9:00~ 朝礼、見守り支援、清掃、買物同行、病院同行、服薬管理、金銭管理、記録管理

12:00~ 昼食、服薬支援、昼休憩

13:00~ 見守り支援、入浴支援

17:00~ 夕食支援

18:00 退勤

食事のご提供/入浴介助/余暇活動支援/服薬管理/金銭管理/病院同行/買物同行/通所先紹介、行政対応、保護者様対応

◎当社は、自立歩行可能な方々が利用されてますので、体に負担のかかる介助はほとんどありません。

当社の柔軟な勤務体系

・希望通りの勤務日で働けます
・希望休が100%通ります
・勤務時間も本人の希望で働けます
・当日の急な休みも対応可能(事情を加味)
・当日の急な早退も対応可能(事情を加味)
・有給の取得も希望通り(シフト状況により相談あり)
・長期休みも取れます
・LGBTQ等の理解。実際に働いてる人がいます
・勤務場所も個人の要望が通ります
・職種も本人の希望で変更可能です

くわしくはコチラで!

柔軟すぎる??東京空色で実際に行ってる働きやすい、続けやすい10の柔軟な勤務体系

 

社会へつなげていく取組み:ステップアップ

◎短期入所からグループホームへ。お一人おひとりの状況に合わせながら地域生活への移行を支援する「ステップアップ©︎」を行ってます

 

季節イベントやレク

◎生活を彩り、豊かにする季節イベントやレクを行うのも生活支援員の大切なお仕事です。
※写真をタップすると、リンク先の記事に飛びます。

夏祭り

運動会

レク

 

各種会議や委員会活動

◎会議を通じて利用者様の情報を共有する他、研修を通じて自分のスキルアップにもつなげていきます。

職員会議・全体会

毎月1回、全社員が集まって前月の振り返りと今月の予定を共有します。生活支援や日中活動の支援状況を確認することで、全員が同じ目線で行動できるようにしていきます。

感染症対策委員会

看護士を中心メンバーとして感染症対策委員会を組織しています。感染症対策マニュアルをもとに、各施設、事業所での感染対策状況を確認し、必要に応じて改善をしていきます。その他、スタンダードプリコーション(標準予防策)研修など、職員の啓蒙活動も行います。

虐待防止・身体拘束適正化検討委員会

虐待防止の指針、身体拘束等適正化のための指針をもとに、虐待防止や身体拘束適正化状況の確認と対策を講じていきます。また、職員への虐待防止の研修を実施するなど、啓蒙活動も行っていきます。

レク委員会

「日本の伝統を楽しもう!」をコンセプトに、年間スケジュールを策定。それに基づき、月々のレクリエーションやイベントを推進していきます。特に、夏祭りや運動会など大きなイベントのときにはみんなで役割分担して進めます。

避難訓練

年に2回、4月と10月に避難訓練を実施します。消防署にも立ち会っていただき、避難訓練のフィードバックをいただいたり、水消火器を使った訓練を行います。咄嗟のときに対応ができるように定期的に練習をしておきます。

AED講習会

CPR(心肺蘇生)とAED取り扱い方法を定期的に練習します。シナリオを読み上げて流れを確認し、両手の握り方、マッサージペース、場所など、看護士から直接指導、アドバイスをもらいながら練習します。普段からの練習がとても大事。流れを覚えて、テキパキ対応できるようにしておくことが重要です。

CVPPP(包括的暴力防止プログラム)

CVPPP研修

支援員の安全確保、安心できる職場づくりの一環として取り組んでます。CVPPPは、当事者の人権を最大限に尊重するために、それこそ、いかに暴力を発生させないか、たとえ発生した場合でも、いかにケアを継続するかを大事にするプログラム。暴力とか抑制技術とかに注目するのではなく、暴力発生から鎮静までのプロセス全体を構造的に捉え、状況に応じて適切な対応をすることを大事にしています。

考課者研修、考課会議

考課者研修

考課者研修では、考課プロセスや手続きの理解のほか、評価方法も学びますが、それ以上に、部下への愛、評価する事の責任の大きさみたいなのを痛感するような内容になってます。当社は、人事考課の目的を人材育成においてますので、その意味でも、愛をもって接する、期中コミュニケーションを増やすことを重視してます。また、考課会議では一人ひとりの評価を上司みんなで話し合って決めてます。

多面評価研修

多面評価研修は、周りから点数とコメントで自分のマネジメントについてフィードバックをもらい、自己分析していく研修です。参加者全員で共有し、さらにフィードバックをもらいながら自分のパラダイムを深堀りをしていきます。マネジャーのパラダイムが組織に与える影響は大きいからこそ、周りからどんなふうに見えてるか把握し、自分を変えていく人であってほしい、、そんな願いをもとに行ってます。

 

☆貢献活動等

◎SDGsや社会貢献活動も重要な取り組みです。

SDGs:私たちはつくばSDGsパートナーズです

『日本に暮らす障がいをお持ちの方々を幸せにする。』を理念として掲げ取り組んでおりますが、SDGsの全世界の共通の目標・取り組み、考え方とリンクさせることで、より広い視野で、持続可能なサービスとしてお届けできるようにしていきたいと考えてます。

こどもの貧困対策:つくばこども支援ネット様へフード提供を行っています

就学支援を受けている貧困の子供たちはこどもの7%。対策を強化し、貧困の連鎖を断ち切る必要があるとのこと。当施設でどうしても残ってしまう食パン等をご提供するところからスタートしています。

チャリティ企画:古着を集めて利用者様に寄付させていただいてます

生活介護の利用者様もいらっしゃり、着るものを十分にお持ちでない利用者様へ、職員みんなで集めた古着をチャリティ的にお届けする取り組みを進めています。

 

一般事業主行動計画も策定して行動を進めてます!

東京空色株式会社 行動計画

社員が仕事と生活の調和を図れる雇用環境を整備することによって、全ての社員がその 能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間
令和4年11月1日~令和7年3月31日までの2年5か月間

2. 内容
目標1:仕事と子育て、介護の両立支援のための取り組み

<対策>
令和4年11月~ 全従業員が仕事と家庭を両立できるよう柔軟な労働条件を整備する
令和4年11月~ 年次有給休暇制度に半日単位取得を導入する

目標2:若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供

<対策>
令和5年4月~ インターンシップ説明会(オンライン含む)へ参加する
令和4年11月~ 職場体験や実習の機会を提供する

2022年10月26日
東 京 空 色 株 式 会 社

 

私たちと一緒に働きませんか?

お気軽にお電話くださいませ♪

TEL:029-896-8081

こちらのフォームからも応募、ご相談いただけます。

見学からでも大丈夫です。お気軽にお問合せくださいませ。