SDGsプロジェクトのご紹介

みなさん、こんにちは!
東京空色へようこそ。

ご来訪ありがとうございます。

 

今回は東京空色における「SDGsプロジェクト」についてご紹介致します。

 

 

1.SDGs(エスディージーズ)とは

SDGs とは、「Sustainable Development Goals」の略称で、日本語では「持続可能な開発目標」と呼ばれています。

SDGsは2015年9月に国連サミットで採択され、

2030年までに国連加盟国193か国で達成すべき国際的な目標です。もちろん日本も参加しています。

 

現在の日本では、世界の国の数は196か国とされているため、世界のほぼすべての国の達成すべき目標とも言えます。

 

全世界が抱える問題を解決するために、

2030年を目指して明るい未来をみんなで作っていこうという世界の共通目標です。

東京空色もこの理念、ビジョンに共感し、取り組みを開始しております。

 

SDGsの基本理念は「誰一人取り残さない」こと。

今を生きる私たち、そして未来を生きる次の世代の子供たち、みんながずっと幸せに暮らしていける世界を目指して参ります。

 

2.取り組むSDGsの目標と事業テーマ

 

企業理念である「日本に暮らす障がいをお持ちの方々を幸せにする」を原点に、17の目標の中から4つの目標、各ターゲットを事業テーマとして設定します。

 

対象項目

①目標3 「すべての人に健康と福祉を」

ターゲット3.8

 

全ての人々に対する財政リスクからの保護、質の高い基礎的な保健サービスへのアクセス及び安全で効果的かつ質が高く安価な必須医薬品とワクチンへのアクセスを含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。

 

※UHCとは「すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられる」ことを意味し、すべての人が経済的な困難を伴うことなく保健医療サービスを享受することを目指すこと。

 

当社での取り組み

・提携医院と連携しインフルエンザ予防接種を全ての利用者様に実施する。

・提携精神科医院と連携し全ての利用者様に月に1度適切な診察と処方機会をご提供する。

 

 

②目標4 「すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」

ターゲット4.a

 

子供、障害及びジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、全ての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。

③目標10 「人や国の不平等をなくそう」

ターゲット10.2

 

2030年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、全ての人々の能力強化及び社会的、経済的及び政治的な包含を促進する。

 

当社での取り組み

・自立生活に向けた「ステップアップ©」の仕組みを構築し、職業訓練や教育の環境を平等に行えるよう整備する。

・就労継続支援や生活介護サービスを導入し、障害のレベルに応じた教育・訓練環境を整備する。

・季節感を重視した施設内レクリエーションを通じて、伝統を学び季節を楽しむ環境を整備する。

 

⑤目標17 「パートナーシップで目標を達成しよう」

ターゲット17.17

 

さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを奨励・推進する。

 

当社での取り組み

・行政やその他民間サービスと協力し、よりよいサービスを開発、提供する。

・計画相談と「ステップアップ©」、個別支援計画をリンクさせ一貫性のある仕組みとして構築する。その評価結果、進捗を保護者、相談員、行政と共有する。

 

本取り組みは、中長期的な視点で定期的に見直しを行い、深化させていきます。

 

3.東京空色がSDGsに取り組むことで目指すこと

私たちは『日本に暮らす障がいをお持ちの方々を幸せにする。』を理念として掲げ取り組んでおりますが、SDGsの全世界の共通の目標・取り組み、考え方とリンクさせることで、より広い視野で、持続可能なサービスとしてお届けできるようにしていきたいと考えております。

 

今を生きる私たち、

そして未来を生きる次の世代の子供たち、

みんながずっと幸せに暮らしていける世界を。

障がい福祉の世界から一歩ずつ、着実に行動して参ります。

 

2021年3月1日 東京空色

 

   

 

つくばSDGsパートナーズ紹介ページはこちらから。

 

当園では他の障がい者短期入所施設では行っていないような施策を行い、障がいをお持ちのご利用者様が幸せに生活できるよう様々な取り組みをしております。

全てはご利用者様やご家族の方々に喜んでいただきたいという一心で取り組んでおります。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

入所ご希望の方はまずはお気軽にお電話ください。

茨城県つくば市の障がい者短期入居施設 東京空色

TEL:029-896-8081

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

以下ガイドライン

SDG_Guidelines_AUG_2019_Final_ja

I. はじめに

国連加盟国は、2015年9月25日の総会決議A/RES/70/1により、持続可能な開発目標 (SDGs)を採択した。この決議のねらいは、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と 闘い、気候変動に対処しながら、誰一人取り残されないようにするため、2030 年までにこれら 17 の目標を達成することにある。

国連は、SDGs を支援するすべての取り組みを通じ、一貫したテーマとなるポジティブで希 望にあふれた文言を作り出すことで、私たちが力を合わせ、同じ目標の達成に向けて前進し ているという感覚を強めることを目的としてきた。それによって、よりよい世界を目指すと いう誓いに着想を与え、その実現を支援することが、国連のねらいである。

SDGs(「グローバル・ゴールズ」と呼ばれることもある)に対する認識を高めるため、全体 を表す 1 つのロゴと 17 の目標につき個別のアイコンが作成された。本ガイドラインは、情報 の共有、参画、協力を可能にするためのものであり、主として 3 つの要素からなっている。

1.「持続可能な開発目標」という文言
2. 視覚的識別要素としてのカラーホイール
3. 各目標に対応する個別アイコンを伴う17の持続可能な開発目標それぞれの名称「持続可能な開発目標」という文言を SDGs カラーホイールと組み合わせたものが SDGs ロゴ となる。SDGs ロゴには 2 つのバージョンがある。

• SDGsロゴ・バージョン1:SDGsロゴの上または左に国連エンブレムをあしらった もの(23 頁と 27 頁を参照)。

• SDGsロゴ・バージョン2:SDGsロゴのみからなり、国連エンブレムのないもの(7 頁を参照)。

SDGs ロゴ・バージョン 1 は、国連の部局、基金、計画、ならびに、国連システムのその他 の補助機関および組織のみが使用できる。SDGs ロゴ・バージョン 2 は、国連システム以外 の主体が使用するものである。SDGs ロゴ・バージョン 1、SDGs ロゴ・バージョン 2 および 17 の SDGs アイコンの使用にあたっては、本ガイドラインに定める条件を遵守しなければならない。

II. 国連システム以外の主体によるSDGsロゴ・バージョン2、SDGs カラーホイール および17のSDGsアイコンの使用

1. 概要

各国政府や政府間機関、非営利組織、民間セクターを含め、国連システム以外の主体は、以 下に定める要件に従い、SDGs ロゴ・バージョン 2、SDGs カラーホイール、および 17 の国連は 2018 年 1 月、目標 10 のアイコンのデザインを、本ページに掲載のとおり変更している。

SDGs アイコンを使用できる。

17 の SDGs アイコンは、全体としても個別アイコンとしても使用できる。各アイコンは、数 字とグラフィック要素を含め、1 つのまとまりとして使用しなければならない。(40 頁参照)。 17 の SDGs アイコンのうち 1 つまたは複数を、当該主体のロゴとともに表示できる(17 頁 参照)。

当該主体のロゴと並べて表示する場合、SDGs ロゴ・バージョン 2 に「(主体名/私たち)は 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています」という文言を添えなければならない。

当該主体のロゴと並べて表示する場合、SDGs カラーホイールに「(主体名/私たち)は持続 可能な開発目標(SDGs)を支援しています」という文言を添えなければならない。

SDGs ロゴ・バージョン 2 も SDGs カラーホイールも、それぞれ上記の文言を添えない限り、 当該主体のロゴと並べて表示できない(18 頁参照)。

資金調達目的については、追加的な条件を適用する(下記を参照)。

SDGs ロゴおよび/または 17 の SDGs アイコンのいかなる要素も、別のロゴ・デザインに統 合したり、これと組み合わせたりしてはならない。

本ガイドラインで定める目的において、SDGs ロゴ、SDGs カラーホイールおよび 17 のアイ コンの使用を希望する主体はいずれも、本ガイドラインにより許可されるところに従い、こ れを使用することに同意しなければならない。

2. SDGsロゴ・バージョン2、SDGsカラーホイールおよび17のSDGsアイコンの使用

SDGs ロゴ・バージョン 2、SDGs カラーホイールおよび 17 の SDGs アイコンは、下記に定 める条件に従い、(i)情報提供、(ii)資金調達および/または(iii)商業用途を目的に、SDGs に対する支援を表明するために使用することができる。

情報目的

情報目的での使用とは、主として例示的かつ非商業的で、資金調達を意図しない使用を指す。 SDGs ロゴ・バージョン 2、SDGs カラーホイールおよび 17 の SDGs アイコンは、このよう な情報目的で使用でき、その際には国連による事前許可も、ライセンス契約の締結も必要とされない。

資金調達目的

資金調達目的での使用とは、SDGs を支援する活動の費用を賄うための資金の調達を意図す る使用を指す。SDGs ロゴ・バージョン 2、SDGs カラーホイールおよび 17 の SDGs アイコンは、このような資金調達目的で使用できるが、その際には国連による事前許可と、適切な ライセンス契約の締結を必要とする。

資金調達目的の場合、SDGs ロゴ・バージョン 2、SDGs カラーホイールおよび 17 の SDGs アイコンは、1 つのまとまりとして使用しなければならない。当該主体のロゴを SDGs ロゴ・ バージョン 2、SDGs カラーホイールまたは 17 の SDGs アイコンのいずれか 1 つもしくは複 数と組み合わせる場合には、「概要」にある要件に加え、当該主体のロゴを、SDGs ロゴ・バ ージョン 2、SDGs カラーホイールまたは 17 の SDGs アイコンよりも目立つようにしなけれ ばならない(17 ページ参照)。

SDGs ロゴ・バージョン 2、SDGs カラーホイールおよび 17 の SDGs アイコンを資金調達 目的で使用する場合は、SDGpermissions@un.org宛に、件名をすべて大文字で「SDG LOGO/ICON REQUEST」としたメッセージを送信し、申請を行わねばならない。申請では、 予定される使用用途が SDGs の精神と目的、および、本ガイドラインに定める要件にどのよ うに合致するのかを説明しなければならない。申請にあたっては、持続可能なビジネスの実 践と持続可能な素材の利用についても、説明されなければならない。この許可が下りた場合、 当該主体は資金調達目的で SDGs ロゴ・バージョン 2、SDGs カラーホイールおよび/また は 17 の SDGs アイコンを使用する前に、適切なライセンス契約を締結しなければならない。

商業用途

商業用途での使用とは、SDGs をさらに広めるための営利主体による、または、商業的も しくは販促用商品および/もしくは製品における使用を指し、これは国連による事前許可 と、適切なライセンス契約の締結によって認められることがある。SDGs ロゴ・バージョン 2、SDGs カラーホイールおよび/または 17 の SDGs アイコンを商業用途に使用する場合は、 SDGpermissions@un.org宛に、件名をすべて大文字で「SDG LOGO/ICON REQUEST」 としたメッセージを送信し、申請を行わねばならない。

申請では、予定される使用用途が SDGs の精神と目的、および、本ガイドラインに定める要 件にどのように合致するのかを説明しなければならない。申請にあたっては、持続可能なビ ジネスの実践と持続可能な素材の利用についても、説明されなければならない。SDGs ロゴ・ バージョン 2、SDGs カラーホイールおよび/または 17 の SDGs アイコンの販促用商品およ び/または製品への使用を申請する場合には、当該商品または製品が SDGs とどのように整 合するのかを具体的に明記しなければならない。この許可が下りた場合、当該主体は商業用 途で SDGs ロゴ・バージョン 2、SDGs カラーホイールおよび/または 17 の SDGs アイコン を使用する前に、適切なライセンス契約を締結しなければならない。

III. 国連主体によるSDGsロゴ・バージョン1、SDGsカラーホイール および 17 の SDGs アイコンの使用

国連の部局、基金および計画、ならびに、国連システムのその他の補助機関および組織は、 それぞれのマンデート、規則および方針に従い、国連グローバル・コミュニケーション局に4よる事前承認なく、SDGs ロゴ・バージョン 1、SDGs カラーホイールおよび 17 の SDGs ア イコンを使用できるが、本ガイドラインに定めるもの以外の用途を申請する場合は、この限りでない。

17 の SDGs アイコンは、全体としても個別アイコンとしても使用できる。各アイコンは、数字、タイトルおよびグラフィック要素を含め、1 つのまとまりとして使用しなければならない。 (40 頁参照)。該当する国連基金もしくは計画、または、国連システムのその他の補助機関お よび組織に独自のロゴがある場合、このロゴを SDGs ロゴおよびアイコンと並べて表示すべきである(33 頁参照)。

IV. SDGsロゴと17のアイコンの使用許可期間

国連が一般的または特定的な通知により別途連絡しない限り、カラーホイールを含む SDGs ロゴと 17 のアイコンは、2030 年 12 月 31 日まで使用できる。この期日は、持続可能な開 発目標を達成すべき期限に一致する。カラーホイールを含む SDGs ロゴと 17 のアイコンは、 SDGs に関する刊行物との関連であれば、2030 年 12 月 31 日以後も使用することができる。

V. 法的責任

国連は、SDGs ロゴ、SDGs カラーホイールまたは 17 の SDGs アイコンの資金調達目的また は商業用途での使用を含め、当該主体の活動について、いかなる責任も負わない。

VI. 免責事項

  • ある主体によるカラーホイールを含むSDGsロゴとアイコンの使用は、国連が当該主 体、その商品もしくはサービス、または、計画中の活動に支持を表明していることを 示唆しない。
  • カラーホイールを含むSDGsロゴとアイコンは、自己宣伝の目的でも、何らかの個人 的な金融上の利益を得る目的でも、複製してはならない。資金調達目的および商業用 途での使用は、上記第 II 節に基づき、国連の書面による事前許可を受け、適切なライ センス契約を締結したうえで行わなければならない。
  • 国連は、SDGsアイコンの非国連公用語への翻訳により生じるいかなる責任も負わな いものとする。

VII. 許可

上記の規定に基づく商業用途および資金調達目的での使用申請は、件名をすべて大文字で 「SDG LOGO/ICON REQUEST」としたメッセージを下記に送信することにより行うこととする。

United Nations
Department of Global Communications Permissions, S-09 FWS,
New York, NY 10017, USA

メールアドレス:sdgpermissions@un.org