消防訓練を実施しました@松風園

みなさん、こんにちは!
東京空色へようこそ。

ご来訪ありがとうございます。

松風園で消防避難訓練を実施しました。

まず始まる前に注意事項を確認し、消防訓練スタートです。

 


1.
発見通報訓練
火災を発見したら、施設全員に周知、119番通報、本社連絡を行います。

 


2.
消火訓練

消火器を使い、火を消す作業です。
火が天井までいってしまった場合は消火活動は不可能です。
初期消火が失敗した場合は部屋の扉を閉め、建物に煙が回るのを防ぎます。
まずは命が大事。時間を稼ぐ取り組みを行います。

 

3.避難訓練
全員速やかに外に出ます。職員がご利用者様を誘導し避難します。

避難者全員の無事を確認をし、避難訓練終了です。

 

消防士さん立ち合いの元、職員、ご利用者様全員で訓練を行いましたが、
皆さんのご協力もあり無事に進めることができました。

また消化訓練では「ABC粉末消火器」を使う体験を行いました。

ところで皆さん、「ABC粉末消火器」をご存知でしょうか??

普通(A)・油(B)・電気(C)のあらゆる火災にオールマイティに消火力を発揮する消火器です。
オフィス・店舗・工場など幅広い用途に対応します。

消火器の使い方は、

・黄色のピン抜く
・ホースむける
・レバーを握る

の順番です。

 

消防士さんからご説明がありましたが、
消火活動をする上でまずは自分の身の安全、退避の経路を確認します。
また屋外の場合は風上から風下へ流れている風の流れも確認します。

 

 

後ろの逃げ道を確認した後に、『火事だー!!』と周囲に知らせ、
消火器のレバーを握り、ホウキを履くように火元に徐々に近づけます。

 

 

粉を使い切るまですべて使います。

 

 

消防士の担当者様からも何度もお話がありましたが、
まずは「命」が一番大事です。

無理だと思ったらすぐに逃げること。
火を消すことはあくまで建物の被害を抑えるために行うことです。

優先順位はまずは「命」の確保です。

 

今回の訓練で、改めて色々と気付きを得ることができました。
しっかり訓練しておくことで、何かあった時でも適切に対応ができます。


『備えあれば憂いなし』

 

これからも安心、安全に施設を運営できるよう取り組んで参ります。

 

 

当園ではご利用者様の安全面にも十分配慮し、

様々な活動を通じて、障がいをお持ちの方が生きがいを持ち、

より豊かな生活を送ることができるよう日々取り組んでおります。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

入所ご希望の方はまずはお気軽にお電話ください。

茨城県つくば市の障がい者短期入居施設 東京空色

TEL:029-896-8081

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆