職員会議|相互理解を深めながら、チームとしての優先順位を考える

 

皆さんこんにちは。

東京空色へようこそ。

ご訪問ありがとうございます。

今回は、約一間(←HN。「やくいっけん」とお呼びください。)が職員会議についてお届けいたします。

 

当施設では、月に1回、全社員が集まって職員会議拡大版「全大会」を開催してます。

施設数が増えてきており、新しい職員さんが増えてきてます。

でも、福祉施設って、施設ごとに勤務なので、普段、なかなか顔合わせができないのが正直なところ、、、

なので、この月1回、みんなが集まる機会、「場」ってとても大切だったりします。

なので、少し工夫を入れて実施してます。

職員会議全体会の流れは以下

①相互理解を深めよう

②業務連絡、共有、質疑応答

ということで、

今回は、①の様子をご紹介。

相互理解を深める。

お互いの価値観とか、考え方を、その違いを含めて知ること。

とっても大事ですよね。

これ、特に、優先順位付けで出てきます。

今回は、特別にゲームを用意して、優先順位づけを通じた相互理解の場をつくりました。

 

ゲームの内容は、「テロリストから人質を救い出せ!」という内容。

設定として、プロの用心棒となって、人質を救いに行く、というもの。

人質を救い出して、さー逃げ帰るぞ、というときに、脱出用のヘリコプターに人質以外の何を乗せるか?というもの。

昨今では、NASAゲームとして、別の内容ですが企業研修用に広がりつつあるゲームです。

 

究極の選択を迫られた時に、何を選んで、何を捨てるか?

ここに、その人の価値観とか考え方とかが表れるんですね。

人間的な人道重視の方、お金重視の方、名誉重視の方、、、

大事なのは、チームとしての優先順位を明確にすること。目的を明確にすること。ですよね。

価値観はそれぞれ、それはそれでいいとして。

それをお互いに理解しつつ、チームでお仕事をする以上、チームとしての目的(目標)、優先順位を決めておくことはとても大切です。

そんなことを学ぶゲームでした。

 

反応としてはとっても好評で。皆さん楽しく取り組んでました。

熱心に話し合うチームの皆さん。この心地よい時間はほんとサイコーですよね。

 

ということで、今回は職員会議拡大版の様子をお届けいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回をお楽しみに!

 

追伸:

みんなで一緒につくりあげていく職場で働きたい方!人に喜ばれるお仕事に興味のある方!

ぜひ、私たちと一緒に働きましょう。ご応募お待ちしております! 約一間(やくいっけん)より